アズッカ・エ・アズッコ

  • 2014年から自家醸造を始めた新進気鋭の造り手です。


  • アズッカ・エ・アズッコはワイン好きの須崎夫妻が3年間のイタリアのワイナリーで勉強後、2006年に地元豊田市に元牧場だった傾斜に1.3haのぶどう畑を開墾、2008年に初収穫。醸造は長野の「城戸ワイナリー」と岐阜の「多治見神言修道院」の2か所に委託しました。2013年念願の醸造所が完成、2014年から自家醸造を始めた新進気鋭の造り手です。

     

  • 『手造り』にこだわり・誇りをもってワイン造りを日々されています。


    オーナーの須崎大介さんは大学を卒業後、営業の仕事をしていましたが大学時代に旅したイタリアにあこがれ、奥様のあずささんと一緒に、2000年にイタリアへ渡り、3年間ワイン造りに携わりました。帰国後、イタリアと地質・気候条件の違いに悩まされ、長野県の”城戸ワイン”にて修業。『手造り』にこだわり・誇りをもってワイン造りを日々されています。



  • オーナー 須崎大介さん


    家族、手造りでなければ出せない自然なワインを造りたいと思います。


  • 最新鋭の機械は一切使用せず、全て手作業。


    自社畑のある愛知県豊田市は標高170mで、非常に気温の高い場所。地質は花崗岩が多い粘土壌で 「水はけが良すぎて土がひび割れるほど」との事です。イタリアでの修行経験から植樹しているぶどうも独特のセレクトでプティヴェルド、ピノ・ネロ、メルロー、ランブルスコG、シャルドネ、ソーヴィニヨンブラン、トレヴィアーノ、マルヴァジーアなど多様な全12品種を愛知県豊田市の土壌にどんな葡萄が合うのか、毎年試行錯誤しながら試しています。ワイン造りでは、最新鋭の機械は一切使用せず、全て手作業。「昔の人は機械なしでワイン造りをしていて、全て手作業で良いワインを造っていた。機械では安定して同じものを造れるけど、”工場製品”には楽しさがない。」と大介さんは話します。

プティ・ヴェルド ピノ・ノワール ソーヴィニヨン・ブラン シャルドネ
1949年生まれのキャンベルアーリー古木

自然を感じられるバルコニーがとても粋です。

綺麗に管理された自社畑

商品ラベルがきれいに並んで芸術品のようです。

おすすめ順  |  価格順  |  新着順

  • « Prev
  • Next »

8商品中 1-8商品

日本ワイン
海外のワイン
スパ−クリングワイン
日本酒
食品
おつまみコーナー
限定品
香る久保田
リキュール ヨー子
のどケアドリンク
日本酒応援団
純米吟醸 秀一
季の美 スーパープレミアムドライジン
澪
サクラアワード
日本のワイナリー
ワイナリー訪問記
日本の酒蔵訪問記
ふじまつブログ

カテゴリーから探す

  • ラッピング包装
  • 日本ワイン
  • 海外ワイン
  • シャンパン・スパークリング
  • シェリー・マディラ他(フォーティファイドワイン)
  • ベルモット他(フレーバードワイン)
  • 日本酒
  • 焼酎
  • ビール
  • ウイスキー
  • 洋酒
  • 梅酒・和リキュール
  • チューハイ・ハイボール
  • シードル
  • ノンアルコール飲料
  • ソフトドリンク
  • シロップ
  • 食品
  • グッズ
  • 業務用洗剤
  • コカ・コーラ社製品ケース買い
  • お買い物ガイド
フェイス・ブック
ツイッター
ふじまつ みみより通信
ふじまつ自社サイト
手作り 犬おやつ 加藤商店

グループから探す

コンテンツ

モバイルショップ